熱中症予防のために

'22年9月2日 更新
最近になって朝晩過ごしやすくなってきましたが、まだまだ日中は厳しい暑さが続いています。室内であっても熱中症になるリスクがあります。
以下を参考に、熱中症予防に努めてください。

1 高温・多湿・直射日光を避けましょう!

熱中症の原因の1つが、高温と多湿です。
室内であっても要注意。我慢せずにエアコンを適度に利用しましょう。その際、風向ルーバーを上方向にし、扇風機を併用して空気を混ぜると、効率的にお部屋を涼しくすることができますよ。
ベランダや窓が西向きの部屋の場合は、日中出かける前にカーテンを閉めておくことをお勧めします。
風のある日は窓を開けて風を通すのもよいですね。

2 水分、塩分補給はこまめにしましょう!

常時マスクをつけていると口元が湿っているため、喉が渇いている感覚が鈍ります。そのため、いつもより水分補給がh不足している人が多くみられます。
その対策として喉が渇いてから飲むのではなく、喉が渇いていなくてもこまめに水分を補給することをお勧めします。その際、緑茶やコーヒーなどカフェインを含む飲料やアルコールは利尿作用があるため、水分補給にはあまり適していません。
水&塩飴、麦茶や経口補水液などが適しています。なお、スポーツドリンクは意外に糖分が多く含まれているため、飲みすぎには注意してくださいね。

3 規則正しい生活を!

夜更かしやお酒の飲みすぎ、朝食抜きなどの不規則な生活は体調不良を誘発し、熱中症になるリスクが高まります。睡眠時間を十分確保し、バランスの良い食生活を心掛けてください。特に朝食を抜いた状態で出かけるのは避けてください。朝食をとることで、自然とコップ1,2杯程度の水分補給を行うことができます。
最近になって朝晩過ごしやすくなってきましたが、まだまだ日中は厳しい暑さが続いています。室内であっても熱中症になるリスクがあります。
以下を参考に、熱中症予防に努めてください。

1 高温・多湿・直射日光を避けましょう!

熱中症の原因の1つが、高温と多湿です。
室内であっても要注意。我慢せずにエアコンを適度に利用しましょう。その際、風向ルーバーを上方向にし、扇風機を併用して空気を混ぜると、効率的にお部屋を涼しくすることができますよ。
ベランダや窓が西向きの部屋の場合は、日中出かける前にカーテンを閉めておくことをお勧めします。
風のある日は窓を開けて風を通すのもよいですね。

2 水分、塩分補給はこまめにしましょう!

常時マスクをつけていると口元が湿っているため、喉が渇いている感覚が鈍ります。そのため、いつもより水分補給がh不足している人が多くみられます。
その対策として喉が渇いてから飲むのではなく、喉が渇いていなくてもこまめに水分を補給することをお勧めします。その際、緑茶やコーヒーなどカフェインを含む飲料やアルコールは利尿作用があるため、水分補給にはあまり適していません。
水&塩飴、麦茶や経口補水液などが適しています。なお、スポーツドリンクは意外に糖分が多く含まれているため、飲みすぎには注意してくださいね。

3 規則正しい生活を!

夜更かしやお酒の飲みすぎ、朝食抜きなどの不規則な生活は体調不良を誘発し、熱中症になるリスクが高まります。睡眠時間を十分確保し、バランスの良い食生活を心掛けてください。特に朝食を抜いた状態で出かけるのは避けてください。朝食をとることで、自然とコップ1,2杯程度の水分補給を行うことができます。
関連情報
お問い合わせ先
保健センター(今出川)
TEL:075-251-3100
FAX:075-251-3063
E-mail:ji-hoken@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

保健センター(京田辺)
TEL:0774-65-7390
FAX:0774-65-7389
E-mail:jt-hoken@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)